トレードシナリオ

来週(2019年7月15~20日)の注目通貨ペア

今回は、来週(2019年7月15~20日)の注目通貨ペアを紹介していきます。

注目通貨ペアの選定条件は

①日足にトレンドが出ている

②4時間足が日足と逆方向に調整中または調整からのラインブレイク

③通貨の強弱感が出ている

この条件を満たす通貨ペアでの1時間足以下でのトレードを想定しています。

ということで、来週の注目通貨ペアは

・EURJPY ショート

・CHFJPY ショート

この2通貨ペアです。

それでは詳しく見ていきます。

EURJPY ショート

日足はダウントレンドです。4時間足は、オーバーラップしながら上方向に調整した後、200EMAに支えられて、ちょうどトレンドラインをブレイクしたところです。また、雲も下抜けしているので、落ちる可能性が高いのではと考えています。

通貨の強弱感をCCFP2で確認すると、赤いラインであるJPYと青いラインであるEURは、まだ強弱関係がはっきりついているわけではないですが、JPYが上向きEURが下向きとなっており悪くはありません。

ただし、121円が意識されているようにも見えるので、早めの利確を考えた方が良いかもしれません。

CHFJPY ショート

4時間足はオーバーラップしながら調整しているように見え、このトレンドラインと200EMAをブレイクして、雲も下に抜けるとショートのチャンスではと考えています。

しかし、日足は緩やかなダウントレンドであり、現在は少し戻している最中でもあるので、日足のトレンドラインで下げ止まる可能性もあります。

また、CCFP2も先ほど見たようにJPYは強くなり始めていますが、オレンジのラインのCHFはまだ完全には弱くなっていません。ラインが下に傾いているので、このJPYとCHFのラインがクロスし始めたら本格的にチャンスかもしれません。

現在の相場は拮抗中

CCFP2を見るとわかりますが、現在の相場は全体的にどの通貨も強弱感が小さく、拮抗している相場と言えます。

チャート的には他にも気になる通貨ペアがあったのですが、強弱感が小さくデイトレードやスイングトレードではやりづらい相場です。

今回、紹介した2つの通貨ペアにしても、もしかしたら伸びるかもしれないから、とりあえず監視するというレベルです。

スキャルピングであれば、もう少し選択肢は広がると思いますが、上位の時間足のトレンドの勢いが弱いとトレードはしにくいと思います。

このような相場では、無理してトレードしない、もしくはエントリーの根拠を探すのではなく、重箱の隅をつつくようにエントリーしない理由を探していくのが良いと思います。

仮にトレードするとしても、早めに建値以上にS/Lを置き直したり、早めの利確を心掛けるのが無難です。

それでは今回は以上です。

ありがとうございました。




  • この記事を書いた人

hiro

2008年から株式投資、2016年からFX。ゆったりトレードしながら、合間に筋トレや読書を楽しむ生活です。株は年利10%前後、FXは毎月200pipsほどの利益。エリオット波動と通貨の強弱を学習して勝てるようになりました。

人気記事

1

エリオット波動を使ってFXで利益を上げていくための知識やテクニックをまとめました。
何かと学習のハードルが高いエリオット波動ですが、
この順番に記事を読んでいけば、FXで利益を上げられるレベルまでは到達できるはずです。

2

今回は、FXの勝率という観点からトレードに対する考え方や取り組み方を考えていきます。
FXで利益を積み上げていくコツは、いかに利益を伸ばすかも重要ですが、いかに大負けしないか、いかに上手く負けるかだと思います。
今回はこの辺を深掘りしていきます。

3

この記事では、FXは暇なほど稼げる理由について解説します。
・エントリーチャンスが少ない
・FXが暇でつまらない
こういったお悩みにお答えします。
結論から言うと、この感覚になっている人はだいぶ上級者です。
何かのきっかけで稼ぎだせるようになると思います。

4

今回は、FXの学習におススメの本を5冊紹介していきたいと思います。
自分の思考の基礎になる部分を勝ち組のトレーダー脳にしていくことが重要で、そのためには投資やトレード全般について書かれた本が有益だと思います。

5

今回は、FXの有料教材トレンドハンターFX(通称トレハン)【¥29,800】についてレビューしていきたいと思います。
・ちゃんと稼げるのか?
・注意点は?
・教材の中身などについて解説しています。

-トレードシナリオ

© 2023 HiroトレFX Powered by AFFINGER5