トレード結果

【+190pips】GBPUSDリアルトレード(通貨の強弱感を意識)

2020年9月26日

今回は、先日のリアルトレードについて解説していきます。

エリオット波動のカウント方法や相場の見方などの参考にしてもらえたらと思います。

では、さっそく見ていきます。

今回、トレードした通貨ペアはGBPUSDです。

環境認識

Chart GBPUSD-a, H4, 2020.09.26 10:49 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

こちらのチャートはGBPUSDの4時間足チャートです。

見たところチャネルラインに納まっており、4波形成中に見えたので、

5波を狙えないかと、月足、週足、日足も順番に確認していきました。

月足

Chart GBPUSD-a, MN1, 2020.09.26 10:51 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

週足

Chart GBPUSD-a, W1, 2020.09.26 10:52 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

日足

Chart GBPUSD-a, D1, 2020.09.26 10:53 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

月足、週足は、雲や200EMAに抑えられるなどして、大きな流れ現在の動き下落方法

日足はそんな中で、調整のabcde波動を付けてるんだとしたら、

推進の1波中なんじゃないかと考えました。

そして、改めて4時間足を分析してみましたが、

4波の戻りが少し浅い(フィボナッチの38.2%未満)。

Chart GBPUSD-a, H4, 2020.09.26 10:55 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

なので、3パターンのシナリオを用意しました。

①フィボナッチの38.2%まで戻って、通貨の強弱に「問題がなければ」チャネルラインブレイクを狙う

②38.2%まで戻らなくても、通貨の強弱感が「明確ならば」同じくチャネルラインブレイクを狙う

③どちらも満たさなければノートレード

エントリー

Chart GBPUSD-a, H1, 2020.09.26 11:02 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

結果的にシナリオ②でトレードしました。

エントリーは1時間足の3波の初動、チャネルラインを明確にブレイクした足で行いました。

損切りは2波の高値(-75pips)に置きました。

なお、この際の通貨の強弱感を示すccfpがこちら。

Chart USDJPY-a, H4, 2020.09.26 11:09 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

緑がUSD、赤がGBPです。

ちょうど傾きが入れ替わったところでした。

GBPのその後の動きは微妙でしたが、USDがそれ以上に強くなってくれました。

決済

Chart GBPUSD-a, H1, 2020.09.26 11:13 UTC, OANDA DIVISION9, MetaTrader 4, Real

エントリー後、多少の上下をしながらも上手く伸びいていってくれました。

1時間足レベルで5波終了まで狙っていましたが、

週末持ち越しは避けたかったので、寝る前にバツの場所で決済しました。

結果、その後少し戻されてるのでラッキーです(笑)

トレード結果

GBPUSD ショート

エントリー:1.28968

決済:1.27042

損益:192.6pips(損切り:-75pips)

今回は、上位足の流れ、エリオットカウント、通貨の強弱感の3つが上手く噛み合って、

リスクリワード1:2.5の良いトレードができました。

少し4時間足の戻りの浅さが気になっていましたが、

通貨の強弱感が明確な中でエントリーをすれば、

①含み損を抱える可能性は低いだろう

②その後、上手く伸びなくても±0で逃げられるだろう

との計算の上で、ちょっとしたギャンブルをしました。

このように複数のファクターを掛けることで、

負けの可能性を減らした上でトレードをすることができるようになります。

私の場合は、週足、日足が推進波の時に、4時間足でエリオットカウントを行い、

通貨の強弱感を確認しながら、1時間足の3波の初動でエントリー。

それぞれの時間足を見る目的、チェックポイントを確認するタイミングなどを明確することが、良いトレードをする秘訣だと思います。

ちなみに私は、このようなトレード方法を有料教材を使って学習しました。

それがトレンドディスカバリーFXという教材です。

3つ以上の時間足を使ったマルチタイムフレームや通貨の強弱関係を学習することができます。

得られるスキルやトレードでの利益を考えたら、買って損はない低価格だと思います。

トレンドディスカバリーFX

それでは今回は以上です。

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

hiro

2008年から株式投資、2016年からFX。ゆったりトレードしながら、合間に筋トレや読書を楽しむ生活です。株は年利10%前後、FXは毎月200pipsほどの利益。エリオット波動と通貨の強弱を学習して勝てるようになりました。

人気記事

1

エリオット波動を使ってFXで利益を上げていくための知識やテクニックをまとめました。
何かと学習のハードルが高いエリオット波動ですが、
この順番に記事を読んでいけば、FXで利益を上げられるレベルまでは到達できるはずです。

2

今回は、FXの勝率という観点からトレードに対する考え方や取り組み方を考えていきます。
FXで利益を積み上げていくコツは、いかに利益を伸ばすかも重要ですが、いかに大負けしないか、いかに上手く負けるかだと思います。
今回はこの辺を深掘りしていきます。

3

この記事では、FXは暇なほど稼げる理由について解説します。
・エントリーチャンスが少ない
・FXが暇でつまらない
こういったお悩みにお答えします。
結論から言うと、この感覚になっている人はだいぶ上級者です。
何かのきっかけで稼ぎだせるようになると思います。

4

今回は、FXの学習におススメの本を5冊紹介していきたいと思います。
自分の思考の基礎になる部分を勝ち組のトレーダー脳にしていくことが重要で、そのためには投資やトレード全般について書かれた本が有益だと思います。

5

今回は、FXの有料教材トレンドハンターFX(通称トレハン)【¥29,800】についてレビューしていきたいと思います。
・ちゃんと稼げるのか?
・注意点は?
・教材の中身などについて解説しています。

-トレード結果
-, , ,

© 2023 HiroトレFX Powered by AFFINGER5