マインドセット

【悲報】FXは暇でつまらない。しかしそれが稼ぐ秘訣です

2020年1月10日

今回は、FXは暇なほど稼げる理由について解説します。

先日、こんなツイートをしました。

トレードスタイルにもよりますが

FXって基本ヒマです

というか頑張ってトレードしたからって稼げる世界じゃないんですよね

ここが一般の会社員なんかとは大きく感覚が違う部分です

なので頑張れば稼げるっていう思考のまま相場に向かうと稼げないばかりか資金を失う結果になってしまいます


・エントリーチャンスが少ない

・FXが暇でつまらない


こういったお悩みにお答えします。

結論から言うと、この感覚になっている人はだいぶ上級者です。

何かのきっかけで稼ぎだせるようになると思います。

それでは詳しく説明していきます。

FXは基本的に暇です

チャートを見ていると相場は上に下に大きく動いているのは珍しいことではないので、

この波を全て取ることができたらなと考えたことがある人は多いと思います。


事実Twitterなどを見ていると器用に上下の波を次々に利益にしていくトレーダーさんもいます。


なので自分もそんな風に稼いでいきたい!


私もそうだったので、そう思う気持ちはすごくわかります。


しかし、プロアマ関係なくお金を奪い合っている世界、

それも稼ぎ続けられるのは全体の5~10%なんて言われている相場の世界で、

あらゆるチャートの動きを利益に変えていくって、

落ち着いて考えたらとても難易度が高いことのはずですよね(汗)。


実際にあらゆる動きを利益にしようとしたら、

通常は複数の手法を器用に使い分ける必要があります。


しかし、厳しい相場の世界では生半可なスキルは通用しません。


そして、普通は一つの手法を使いこなせるようになるのにも、それなりの時間が掛かります。


手法とはいわば道具に過ぎず、

それを使いこなすトレーダーのスキルが低ければ機能しませんし、

スキルがあってもそれが自分に馴染むまでには時間が掛かるのが通常です。


だとすると、まずは一つの手法から磨き上げていくのことが、

稼ぐための一番の近道であり、

そうなると、狙える相場というのものも必然的に限定されてくるという訳です。


稼いでるトレーダーでも手法は一つや二つという人も多いので、

稼いでる人ほどFXが暇と言えるかもしれません。


ちなみに、手法は0から自分で作っても良いですが、とても骨の折れる作業になります。


そこで、まずは他人の手法を徹底的に真似することから始めるのがおススメです。

おススメは教材はこちら

ネオ・ジーニアスFX:勝率80%、リスクリワード1:2以上の日足のスイングトレード手法

秒速スキャルFX:勝率80%リスクリワード1:1~1:3の1分足のスキャルピング手法

ゲイスキャFX:勝率70%、リスクリワード1:1以上の1分足スキャルピング手法


どれも実績があり、価格も1、2回のトレードで回収できるくらいの値段なので、購入して損はないと思います。

ますは、このような手法を叩き台にして、自分オリジナルにアレンジしていくのが最速で稼げるトレーダーになる方法です。

FXは暇でつまらないくらいが丁度良い

自分が狙える相場はそう多くない。


それに加えて、リスクリワードや勝率の良いトレードをしようと思えば、

自分が狙っている相場の中でも、

さらに狙っている価格ギリギリまで引き付けてエントリーをしていくことが大切になってきます。


ただ、こういうトレードをしていると、

あと少しでエントリーポイントだったのにそのまま伸びていってしまった…


なんてこともよくあり、

いよいよトレードチャンスがなくて暇になってきます。


しかし、逆に負けている人の多くは、

このギリギリまで待つということができずに、

自分にとって不利なポイントでトレードしてしまい、

負けてしまったり、利益率の悪いトレードをしたりしてしまっています。


なので、自分が狙っている価格ギリギリまで引き付けようと待った結果、

トレードができず暇を持て余すというのは、

FXで稼ぐという観点からは、実はとても好ましいことだと言えると思います。

FXはトレード回数が少なくても稼げる

FXの利益の本質はpips×ロット

ただ、稼ぎたいからFXをやっているのに、

トレード回数が少ないと、稼げないじゃないかと不安になってしまいますよね。


かつての自分も稼ぐためにはトレードチャンスが多くないとダメだと思って、

ロジックを増やし、結果的に損失だけが大きくなる…

という経験をしてきました。


しかし、FXはトレード回数が少なくてもしっかり稼げます。


それは、FXの利益の本質が、pips×ロットだから。


つまり、トレード回数が少なくても、

このpipsロットが大きければ満足できる金額を稼ぐことは可能ということです。

ロットをコントロールして大きく稼ぐ

この両者のうち、pipsについては、トレードスタイルによってある程度は予測できますが、

最終的にどのくらい獲得できるかは相場次第なところがあります。


トレードスタイルが固まって、淡々とトレードできるようになってくれば、

獲得pips数もある程度は安定してきますが、

逆に言えば、一つの手法で獲得できるpips数の上限が決まってくるということにもなります。


ここで、じゃあ手法をもう一つ追加して…、


ではなく、

利益のもう一つの要素であるロットで調整するという訳です。


ロットはエントリー時に設定できるものなので、

トレーダーが相場に対して自由にコントロールできる数少ないものの一つです。


しかもFXの場合、レバレッジを掛けることができます。


なので、少ない資金でもロット数の調整がある程度の幅を持って行うことができるので、

トレードスタイルや稼ぎたい金額に合わせて柔軟に調整できるという特長もあります。


つまり、ある程度pips数を安定的に稼げるようになってきたら、

手法を追加したり変更したりするのではなく、

ロットを大きくしていって、自分が満足できる金額を稼いでいく。


これが、FXにおける最適解だと私は思いますし、それが可能なのがFXという金融商品です。

トレード回数を増やす方法

【基礎編】通貨ペアを増やす

そうは言っても、まだ証拠金が少なくロットを大きくするにも限界があるから、

やはりトレード回数を増やしたいという人もいると思います。


その場合は、通貨ペアを増やすというのが一つの解決策です。

1つ通貨ペアを増やせば単純に考えてチャンスは2倍になります。


ただ、通貨ペアごとにボラティリティや動き方が異なってくるのがFXの難しいところでもあります。


なので、通貨ペアを増やす際には、

そのペアで改めて過去検証やデモトレードでの練習をして、

今までと同じような成績が出ることを確認した上で、本格的にトレードしていくことをおススメします。

【応用編】通貨の強弱感を意識したペア選定

さらに、複数通貨ペアでのトレードに慣れてきた方は、

通貨の強弱感を意識して通貨ペアの選定をすることをおススメします。


これは、その時、最も買われている通貨と売られている通貨を探し出して

それらのペアでトレードするというものです。


この通貨の強弱感を意識したトレードの最大のメリットが、

買われている通貨と売られている通貨の組み合わせなので、

一方方向に強いトレンドが継続しやすい中でトレードができることです。


つまり、強弱感のはっきりした通貨ペアで毎回トレードすることにより、

レンジ相場でのトレードを避けることができ、

トレンド相場でのみのトレードに集中できるようになります。


通常、トレンド相場とレンジ相場では、利益の取り方が異なってくるので、

トレンドに対応した手法だけでは、相場がレンジの時はトレンドが発生するのをただ待つしかありません。


その上、相場の世界はトレンド3割、レンジ7割なんてことも言われているので、

通貨ペアを限定していると、長い間チャンスがないということもよくあります。


そこで、多くの人はレンジに対応した手法やトレンドとレンジ両方に対応した手法を探そうとしてしまい、上手くいかなくなってしまいます。


この問題は、通貨ペアを増やすことである程度の解決はしますが、

それでも1つや2つ増やしたくらいでは、全然トレンドが発生しないということも結構あります。


かと言って、さらに増やすのは監視の負担が増え、精度も落ちる可能性があることを考えると現実的ではありません。


しかし、通貨の強弱感を意識したペア選定をすることで、

自分から積極的にトレンド相場を探しに行くことが可能となり、

トレンドに対応した手法が1つあれば、それだけで利益を積み上げていくことができるようになります。


通貨の強弱感を意識したペア選定は、

最初は難しく感じるでしょうし、

ツールも何も使わなければ時間も掛かると思います。


しかし、磨けば磨くほどその精度は上がるスキルでもあるので、

興味のある方は一度学習してみてはいかがでしょうか?


詳しいやり方はこちらの記事も参考にしてみてください。

FXは通貨の強弱を意識することで勝率・利益率をアップできる

それでは今回は以上です。

ありがとうございました。

おススメは教材はこちら

ネオ・ジーニアスFX:勝率80%、リスクリワード1:2以上の日足のスイングトレード手法

秒速スキャルFX:勝率80%リスクリワード1:1~1:3の1分足のスキャルピング手法

ゲイスキャFX:勝率70%、リスクリワード1:1以上の1分足スキャルピング手法

  • この記事を書いた人

hiro

2008年から株式投資、2016年からFX。ゆったりトレードしながら、合間に筋トレや読書を楽しむ生活です。株は年利10%前後、FXは毎月200pipsほどの利益。エリオット波動と通貨の強弱を学習して勝てるようになりました。

人気記事

1

エリオット波動を使ってFXで利益を上げていくための知識やテクニックをまとめました。
何かと学習のハードルが高いエリオット波動ですが、
この順番に記事を読んでいけば、FXで利益を上げられるレベルまでは到達できるはずです。

2

今回は、FXの勝率という観点からトレードに対する考え方や取り組み方を考えていきます。
FXで利益を積み上げていくコツは、いかに利益を伸ばすかも重要ですが、いかに大負けしないか、いかに上手く負けるかだと思います。
今回はこの辺を深掘りしていきます。

3

この記事では、FXは暇なほど稼げる理由について解説します。
・エントリーチャンスが少ない
・FXが暇でつまらない
こういったお悩みにお答えします。
結論から言うと、この感覚になっている人はだいぶ上級者です。
何かのきっかけで稼ぎだせるようになると思います。

4

今回は、FXの学習におススメの本を5冊紹介していきたいと思います。
自分の思考の基礎になる部分を勝ち組のトレーダー脳にしていくことが重要で、そのためには投資やトレード全般について書かれた本が有益だと思います。

5

今回は、FXの有料教材トレンドハンターFX(通称トレハン)【¥29,800】についてレビューしていきたいと思います。
・ちゃんと稼げるのか?
・注意点は?
・教材の中身などについて解説しています。

-マインドセット
-, ,

© 2023 HiroトレFX Powered by AFFINGER5